会社概要 会社地図 大阪放送放送基準 大阪放送番組審議会
サイトの利用にあたり OBC放送エリア ラジオ大阪の歴史 プレスリリース 国民保護業務計画

[第570回 大阪放送番組審議会議事録]

1. 開催日時 平成26年9月22日(月)午後2時00分~3時00分
2. 開催場所 ラジオ大阪役員会議室
3. 委員の出欠
委員の総数 8名
出席委員数 8名
出席委員の氏名 井上宏 成瀬國晴
岡田邦夫 小代みのる
鎌田雅子 河内厚郎
たつみ都志 原恭
放送事業者側
出席者の氏名
徳永正明 三谷良二
上野慶子 内田修
4. 議     題
1)平成26年度10月番組改編について
2)番組審議委員の変更について
3)放送法改定審議
4)番組審議 『NEWS TONIGHT いいおとな』内「まりcafe」
5)その他
 
5. 議事の概要
議題1)について
平成26年度10月番組改編について編成担当より説明を行い、その後委員の方々からご意見・ご感想をいただいた。
議題2)について
小代みのる委員(産経新聞社)が今月をもって当社番組委員を退任。新たに松田則章氏(産経新聞社)に番組審議委員を委嘱する予定である。
議題3)について
社側から、日本民間放送連盟放送基準の改正にともなう、大阪放送放送基準の改正について資料をもとに説明し、諮問した。
その際、条文の改正や決定方法、表現の仕方などについて委員より意見を受けた。
議題4)について
『NEWS TONIGHT いいおとな』内「まりcafe」について番組の企画意図と内容を説明し、番組を聴取した後審議に入った。
 
6. 審 議 内 容
社側 毎週月~金の夜9時~10時30分に放送している『NEWSTONIGHTいいおとな』内の金曜日、夜9時45分前後に放送している 7・8分のコーナー。パーソナリティはタレントの岡部まりさんが務めている。コーナーコンセプトはニュースの合間にほんの一息、 「岡部まりさんとカフェでおしゃべり」。岡部さんが日常の生活の中で「こんなことあったの、ちょっと聴いてくれるかしら・・・」 といったイメージで、本人が興味を惹かれた色々な話題を取り上げ、音楽を取り上げながらリラックスした雰囲気でお届けしている。 タレントとしての長いキャリアの中で音楽番組を務めていたこともあり、その自然体のおしゃべりは独特のムードもあり、 魅力いっぱいだ。また幅広いジャンルからの季節、時節柄を考慮した、センスある選曲も岡部さん本人が行っている。 『NEWSTONIGHTいいおとな』の番組テーマである大人のおしゃれ感をこのコーナーの中でもテーマ・選曲・ジングル・アタックなど 音の面で意識し、演出しながらお送りしている。

委員 癒やしになるような自然体の選曲や、岡部さんのしゃべりに強い自己主張があまり感じられないことが逆に心地よく感じる。 説教くさくない語りでありながら、時々ハッと気づかされる話もある。特にウクライナの原発事故のエピソードから福島の原発に テーマを持っていく流れがまるで文芸エッセイのようでとても良かった。全体的に饒舌のようで余計な言葉を使わずシンプルに、 幅広いテーマを拾う印象のコーナーだ。

委員 岡部さんの肯定的な嫌みではない語り、ありきたりさが嫌な人がいるのではないか。岡部さんの次の話題に持っていく流れは おしゃれで洗練されているが、テーマの核心に迫る前に当たり障りなく終わってしまうことが物足りない。結果的に毒にも薬にも ならない岡部さんの語りでは、番組のファン層は偏るのではないだろうか。時に声が小さく聞こえにくい場面もあったが、落ち着いた 語り口調は夜の静かな雰囲気にはとても合う。

委員 いつも変わることのない落ち着いた雰囲気やセンスの良い癒やし系の選曲がとても良い。タイトル通り、まるでカフェで岡部さんが 聴き手に話しかけているような雰囲気だ。女子会のエピソードに代表されるように岡部さんの世界観が確立している。しかし、たまには 岡部さんのテーマの核心に迫る毒のあるコメントも聴いてみたい、と感じた。

委員 岡部さんの語りはもう少し我を出しても良いのではないか。コーナー全体に関しては、1日のニュースとニュースの間なので箸休めの イメージだ。情報量が多いニュース番組の途中にあるので、小休止のような設定だとは思うがやはり物足りなく感じた。

委員 1度聴いただけでは内容がよく分からず、2,3回聴いてやっと内容が理解できた。特に自分が男性ということも関係しているのか、 女子会の話がよく理解できなかった。他にも心筋梗塞の話をしていたが短いコーナーなのでできるなら聴き手が幸せに感じる内容の話が いい、と思った。選曲に関しては、例え有名な曲でも珍しい歌手のカバーを選ぶなどそのセンスはさすがだ。

委員 全体的に、一見、さらっとしているようでいて、回りくどいしゃべりが聴きにくい。特に原発問題など、社会問題をテーマに話している ときはどこまで深く踏み込んでいこうとしているのか、展開がよく分からない。カフェというイメージであれば、聴いた後に余韻が残る ようなひと工夫が欲しい。

委員 音楽から始まり、無駄な贅肉部分がない、とてもシンプルでスリムな番組だ。パーソナリティの岡部さんの声が、季節を問わず夜の雰囲気に 合っている。曲の入り方、最後のありがとう、という挨拶の言葉など全ての塩梅が良く、上質のエッセイのように感じた。

委員 柔らかい低い声と高い声の開きが大きく、聴きにくい。語尾が強調されるしゃべりのクセが気になるので、岡部さんの柔らかい声を活かした 滑らかなおしゃべりが欲しい、と感じた。しかし選曲のセンスも面白く、7・8分という短い時間に原稿を用意せず、エッセイのように番組を まとめている点は素晴らしい、と感じた。

社側 貴重なご意見ありがとうございました。

以上
7. 審議会の答申又は改善意見に対してとった措置および年月日
なし
8. 審議会の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表内容・方法
及び年月日
・ 「番組審議会だより」 (第570回大阪放送番組審議会議事録の要約)
・ 「愛してラジオ大阪」内で放送
     放送日 平成26年10月19日(日)午前07時05分~午前07時20分
・ 「番組審議会だより」 (第570回大阪放送番組審議会議事録)
ラジオ大阪ホームページ(http://www.obc1314.co.jp)に掲載
番組審議会の議事録の原本は事務局立ち会いのもと閲覧に応じる。
9. その他の参考事項
訂正放送または取り消しの放送の請求及び請求に対しての措置が無い旨を報告。
 
以    上