会社概要 会社地図 大阪放送放送基準 大阪放送番組審議会
サイトの利用にあたり OBC放送エリア ラジオ大阪の歴史 プレスリリース 国民保護業務計画

[第566回 大阪放送番組審議会議事録]

1. 開催日時 平成26年4月25日 (金) 午後2時00分~3時
2. 開催場所 ラジオ大阪役員会議室
3. 委員の出欠
委員の総数 8名
出席委員数 8名
出席委員の氏名 井上宏 小代みのる
鎌田雅子 河内厚郎
上林寬和 成瀬國晴
岡田邦夫 (書面参加)
たつみ都志 (書面参加)
放送事業者側
出席者の氏名
徳永正明 三谷良二
上野慶子 加久田博子
4. 議     題
1)番組審議 『笑福亭銀瓶の銀ぎんワイド』
2)その他
 
5. 議事の概要
議題1)について
 『笑福亭銀瓶の銀ぎんワイド』について番組の企画意図と内容を説明し、番組を聴取した後審議に入った。
 
6. 審 議 内 容
社側 月曜~金曜の朝7時5分~9時に生放送している情報ワイド番組。2011年4月にスタートし、今年で放送4年目に入った。 パーソナリティは落語家の笑福亭銀瓶と和田麻実子アナウンサー。同時間帯では比較的、フレッシュなコンビでお送り している。ニュースやスポーツ・芸能・生活情報などその日の最新の話題を中心に紹介。8時過ぎの日替わりコーナーは 4月からリニューアルした。月曜の「銀ぎん旅の宿」は日本全国おすすめの宿を紹介。旅館の女将や支配人と電話を つなぎ、旅館の魅力や観光情報を伝える。火曜の「喫茶店からGoodMorning!」では町の喫茶店にレポーターを派遣、 朝のモーニング風景を生中継。「キダ・タローが聴いタロー」(月末のみ)は「文化に親しむ」をコンセプトに音楽への 素朴な疑問をキダ・タローが解説する。毎日、番組の最後には「銀のつぶ」と題して銀瓶が番組内で言い切れなかったことをTwitterのように短く、まとめている。

委員 朝の忙しい時間にだらだらとしたしゃべり方はそぐわない、と感じた。最後まで聞かないと結論が分からないので1つの話題を もっと短く、端的にまとめるべきだ。「銀ぎん旅の宿」の放送時間は出勤の必要がなく、家事をしているリスナーが多いので コーナーのテーマにも合い、むしろのんびりとしたテンポの方が良いかもしれない。全体的にパーソナリティ2人の声のコンビ ネーションは良いが、時間帯によって会話のトーンを変えた方が良いのではないか。

委員 パーソナリティ2人の声のピッチがちょうど良く、聴いていても疲れることはない。「銀ぎん旅の宿」では賛否両論あるとは 思うが、放送時間帯が朝ということや聴き手の年齢を考えると旅行の話を1週間が始まる月曜の朝にもってくるテーマとしては 難しい。聴き手の職業や年齢など、どのようなマーケティング調査でこのコーナー編成に設定していたのか、気になった。

委員 パーソナリティの笑福亭銀瓶は綺麗な正統派のしゃべり方ではないが、滑舌もスピードも良く、聴きやすい。全体的に のんびりしている印象だが、急いでいる時に聴くと物足りず、聴き手の時間と状況に合わせて番組の雰囲気を変えても よいのではないか。ニュースに対するコメントも聴取者目線を意識しているのか、ただ腑に落ちるだけのコメントで 物足りない。情報番組であれば聴いて得したな、と思うような印象に残るコメントや特ダネなどがほしい。

委員 以前、番組審議会で聴いたときよりもずいぶん落ち着いた番組に変化し、全体のトーンも良かった。パラリンピックの 判定問題などの場合は朝の情報番組などでうるさく取り上げられがちだが、この番組では穏やかに聴くことができた。 ただ、新聞記事を引用するときは、はっきりと引用元を伝えるべきだ。この話題に対して銀瓶は~と思う、和田麻実子は~と 思う、というようにニュースソースと感想を区別した方が良い。昨今、自分の専門外のニュースについて曖昧な知識で言及する コメンテーターが多いので意識して番組作りをしてほしい。

委員 うだうだとマイペースなしゃべりが果たして朝の時間に合うのかどうか疑問だ。ニュースに対する感想は常識的な発言内に留まり、 新聞の字面を追っているようだ。銀瓶さんの特長は歯切れの良さだと思うので端的に様々な視点からのコメントが欲しい。例えば、 圧倒的に阪神の話題が多い関西であえてライバルの巨人サイドから見た阪神の話をしても面白い。銀瓶さんのあくの強さをもっと 出し、聴き手がグッと引きつけられるようなコメントや個性を期待したい。相撲の話題では力士の名前の呼び方に敬称が入り乱れ、 気になった。番組の内容に関しては、情報番組として必要な情報を取りこぼしなく伝えてほしい。例えば、紹介した宿の料金に 消費税が入っているのかいないのか、電話番号や電話受付時間など最低限必要な情報を入れた方が聴き手には親切ではないか。

委員 全体的に放送年数も影響しているのか、こなれた感じがする。『銀のつぶ』のコーナー主旨を考えると、オープニングトークの パラリンピックの話題はこちらに持ってきた方が良かった。産經新聞のコーナーは画がない分、きちんとどのようなニュースなのか 概要を説明してから本題に入るべきだ。特に、虎コンの話のように全国共通のニュースではなく一紙が独占取材したネタは、 ニュースソースをはっきり伝えてほしい。「銀ぎん旅の宿」のコーナーは月曜日に設定しているが、週末向けの温泉旅館の話題が 果たして1週間の最初の日に適しているのか疑問を感じる。

委員 全体的に真面目で丁寧な印象。ただ、世間が忙しい時間に放送する番組としてのんびりしすぎている。他の朝の情報番組と比べ、 扱うニュースの本数も少ない、と感じた。忙しい朝の貴重な情報源となるので入ってきているニュースのタイトルだけでも伝えて ほしい。「銀ぎん旅の宿」のコーナーは宿の出演者が台本をそのまま読んでいるような印象を受けた。タイアップのように感じて しまうので何か特別な仕掛けがほしい。

委員 和田アナウンサーの合いの手がとても柔らかく、流れが良い。自分の発言に自ら合いの手を入れる笑福亭銀瓶さんのしゃべりと 違和感なく合い、前回審議したときよりも落ち着いた印象だ。銀瓶さんの役割として無理して解説役にならずに素人役に徹した方が良い。 「なんで?」というその場で感じた素直な疑問を提示した方が聴取者目線に近いのではないか。無理に自分の領域を超えて専門的な発言を する必要はない。もし、専門的な話や新聞ネタが必要であればクレジットなどで引用元をはっきりさせ、メリハリをつければ良い。

社側 貴重なご意見ありがとうございました。

                                                       以  上
7. 審議会の答申又は改善意見に対してとった措置および年月日
なし
8. 審議会の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表内容・方法
及び年月日
・ 「番組審議会だより」 (第566回大阪放送番組審議会議事録の要約)
・ 「愛してラジオ大阪」内で放送
     放送日 平成26年5月18日(日)午後08時45分~午後09時00分
・ 「番組審議会だより」 (第566回大阪放送番組審議会議事録)
ラジオ大阪ホームページ(http://www.obc1314.co.jp)に掲載
番組審議会の議事録の原本は事務局立ち会いのもと閲覧に応じる。
9. その他の参考事項
訂正放送または取り消しの放送の請求及び請求に対しての措置が無い旨を報告。
 
以    上