会社概要 会社地図 大阪放送放送基準 大阪放送番組審議会
サイトの利用にあたり OBC放送エリア ラジオ大阪の歴史 プレスリリース 国民保護業務計画

[第558回 大阪放送番組審議会議事録]

1. 開催日時 平成25年度6月18日(火)午後2時00分~午後3時15分
2. 開催場所 ラジオ大阪役員会議室
3. 委員の出欠
委員の総数 8名
出席委員数 8名
出席委員の氏名 井上宏 小代みのる
鎌田雅子 上林寛和
たつみ都志
岡田邦夫(書面参加)
河内厚郎(書面参加)
成瀬國晴(書面参加)
放送事業者側
出席者の氏名
徳永正明 角野達雄
村松慶一郎
4. 議     題
1)番組審議『高岡美樹のべっぴんラジオ』内「新コーナー」
2)その他
 
5. 議事の概要
議題1)について
『高岡美樹のべっぴんラジオ』内「新コーナー」について番組の企画意図と内容を説明し、
番組を聴取した後審議に入った。
 
6. 審 議 内 容
社側『高岡美樹のべっぴんラジオ』は今年で放送開始から3年を迎えた。放送曜日も月曜から木曜だったものを金曜までに拡大し、それに伴い各コーナーを見直した。今回の審議では新たに設置した9つのコーナーを取り上げた。気象予報士が季節の話題を取り込みつつ天気を伝える「季節体感!お出かけ天気予報」、高岡美樹の相撲好きが高じてできた「ハッケヨーイ、ノコッタ」、女性週刊誌の発売日に井戸端会議のネタを提供しようと作った「週刊べっぴん本日発売」、身近な情報をご案内する「町のトッピングとぴっくす」、いつか入ろうと気になっていたお店を紹介する「噂のファッション塾」、リスナーと電話をつないで晩ご飯の話を聴く「今夜の献立レフォン」、リスナーのガーデニング話を募集し、発表する「ようこそ高岡農園へ」、そぐわぬBGMに乗せてあるヒット曲の歌詞を朗読する曲名を当ててもらう「クイズ!この歌なあに?」の9つである。

委員高岡さんのしゃべりは違和感もなく、自然体で聴いていて疲れない。「週刊べっぴん本日発売」や「町のトッピングとぴっくす」は話題提供で終わらずに高岡さん自身の話題が広がっても良いのではないか。「高岡美樹のべっぴん屋」や「噂のファッション塾」は実際に自分の足で稼いだ情報であり、共感を得られるのではないか。

委員パーソナリティの高岡美樹さんの関西弁は隣のおばちゃんが話しかけるようで親近感が湧く。放送時間が午後3時05分~5時30分であり、狙いを主婦層に定めているならば上手くはまるように思う。しかし、通勤途中や仕事帰りに聴くならば騒がしく、癒やしの番組にはならない。花が咲いた後、来シーズンまで持続させる方法が分からず、ガーデニングをやめてしまう人が多い。そこで、流行を追うよりも新たな趣味の一つとして長続きできるような情報を「ようこそ高岡農園へ」内で提供してはどうか。

委員全体的に騒がしく、雑談が多いように思う。「週刊べっぴん本日発売」は情報を伝えるだけでは週刊誌の宣伝で終わってしまう。一つ一つの情報に対する自分の意見がもう少し欲しい。「ハッケヨーイ、ノコッタ!」は相撲の解説が分かりやすく、勉強になった。

委員一見、雑多なネタを上手くまとめつつ、それぞれの話題に小味がピリッと効いていて飽きることがない。「ハッケヨーイ、ノコッタ!」は定年退職した立行司、木村庄之助の所作の美しさや35代・36代の庄之助の比較など高岡さんの知識が深く、興味深い。

委員ターゲット層にあたるリスナーの一人として聴いたが、テンポ良く、とても面白かった。「季節体感!お出かけ天気予報」に週末の天気予報を組み合わせるとリスナーも予定を立てやすくなるのではないか。週刊誌の情報は気になるが購入するほどではないので「週刊べっぴん本日発売」はさらっと情報が耳に入り、良かった。「高岡美樹のべっぴん屋」ではなぜ取り上げた店の情報を伝えないのか。スマートフォンの普及で携帯電話のナビが充実しているので住所を伝えた方が分かりやすいと思う。

委員お店側がラジオで紹介された影響を懸念する場合もあるので、住所や電話番号は伝えないことにしている。さらにこのコーナーの主旨は高岡美樹が日常の延長としてふらっと入ったお店を紹介する、というものであり、電話番号や住所を伝えることでお店の宣伝コーナーにはしたくない、という思いもある。だが、駅からの行き方は繰り返し説明するようにしている。

委員高岡さんのしゃべりは早口だが、滑舌良く爽やかでとても良かった。芸人がわーっと騒がしく話すしゃべりとは異なり、味がある。「高岡美樹のべっぴん屋」はお店の住所を番組内で言わなくても、駅から店までの行き方を詳しく解説しているので分かりやすい。

委員「季節体感!お出かけ天気予報」の天気予報士は局側が選んでいるのか?

社側天気予報士は当社側ではなく、気象協会が選んでいる。この番組は最初から終わりまで、ほぼ高岡美樹一人のしゃべりで構成しているので天気予報士の声を入れることで少し違う空気を入れることが狙いだ。

委員様々な知識をリスナーに分かりやすく、かみ砕いて説明する高岡さんの語り口のおかげで楽しく聞けた。しかし、「季節体感!お出かけ天気予報」で気象予報士が気象予報以外のことについてコメントすることは若干、問題があるように思う。プロとのやり取りならなおさら、言葉使いが気になってしまうので分からないことは無理に話す必要はない、と感じた。

委員高岡さんのしゃべりにはトーンが明るく、話題が変化しても違和感がない。アナウンサーが話すような堅い関西弁ではなく、高岡さんのしゃべりは対話調であり、耳に残る。しかし、リスナーには高岡さんの関西弁に馴染むか否かで意見が分かれる可能性がある。「高岡美樹のべっぴん屋」は風景が浮かぶようで爽やかだ。「今夜の献立レフォン」は献立の話が短くとも、このコーナーを通してリスナーの家族の話を聴くことが狙いなのであろうし、さりげなく様々な家族の様子が垣間見えているのは、聴いていて楽しい。

社側貴重なご意見ありがとうございました。

7. 審議会の答申又は改善意見に対してとった措置および年月日
なし
8. 審議会の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表内容・方法
及び年月日
・ 「番組審議会だより」 (第558回大阪放送番組審議会議事録の要約)
・ 「GO!GO!弁天R.シスターズ」内で放送
   放送日 平成25年8月4日(日)午後08時45分~午後09時00分
・ 「番組審議会だより」 (第558回大阪放送番組審議会議事録)
ラジオ大阪ホームページ(http://www.obc1314.co.jp)に掲載
番組審議会の議事録の原本は事務局立ち会いのもと閲覧に応じる。
9. その他の参考事項
訂正放送または取り消しの放送の請求及び請求に対しての措置が無い旨を報告。
 
以    上