会社概要会社地図大阪放送放送基準大阪放送番組審議会
サイトの利用にあたりOBC放送エリアラジオ大阪の歴史プレスリリース国民保護業務計画

[第521回 大阪放送番組審議会議事録]

1.開催日時   平成21年10月22日(木)午後2時00分〜午後3時30分
2.開催場所   ラジオ大阪 役員会議室
3.委員の出欠
委員の総数 8名
出席委員数 8名
出席委員の氏名 井上 宏 岡田邦夫 岡本直之 森脇睦郎
井上チイ子(書面参加)成瀬國晴(書面参加)
たつみ都志(書面参加)河内厚郎(書面参加)
放送事業者側出席者の氏名
鈴木理司  高橋信博 三谷良二  藤野浩史

4.議     題
  1)番組審議『『総選挙スペシャル!』〜自公の継続か政権交代か!有権者の選択は!?』
  2)その他

5.議事の概要
  議題1)について
  『『総選挙スペシャル!』〜自公の継続か政権交代か!有権者の選択は!?』について
  企画意図と内容を説明し、その後聴取いただき審議に入った。

6.審 議 内 容
 
社 側 今回の選挙特別番組は、『『総選挙スペシャル!』〜自公の継続か政権交代か!有権
者の選択は!?』というタイトルで放送した。メインキャスターには、月〜金曜日放送中
の朝のワイド番組「出発進行!うめじゅんです」のパーソナリティ梅田淳さんに、解説に
は、産経新聞編集局編集長で月〜金曜日放送中夜のニュースワイド番組「NEWS TO
NIGHT いいおとな」で火曜日のニュース解説をお願いしている安本寿久さんを起用
した。また、リポーターとして、松本恵治、原田年晴、和田麻実子アナウンサー、吉村直
樹記者を配置した。
放送日時は、選挙当日の8月30日、投票が締め切られた1時間後、21時から23時15分
までの2時間15分の番組である。
番組内容は、開票速報を中心に、小選挙区の注目選挙区における勝敗を中心に放送した。
21時台は、判明している結果とリポートを中心に構成した。リポートは、東京の自民党本 
部、民主党開票センター、今回の選挙を象徴する自民党の世襲、ベテラン候補者と民主党
の若手、新人候補者という縮図の代表区となった大阪18区の自民党中山太郎さんの事務所、
全国的にも話題となった兵庫8区の田中康夫さんの事務所から行った。22時以降は、解散
から総選挙までの情勢を振り返りながら、今後の政局への課題と期待を中心に解説を行っ
た。また、街の声のインタビューや、リスナーからのFAX、メールの紹介も行った。
委 員 梅田さんの進行は、イキイキとしていて、テンポがあり、聞き取りやすく、この番
組にふさわしいと思う。安本さんの声は心地が良く、解説は、具体的でわかりやすかった。
特に、政治家の失言に関するエピソードは、名前と結びつき興味深く聞けた。
選挙結果はテレビで見ている人が多いであろうが、運転している人、作業している人
などテレビを見ることができない人に対して親切で、臨場感もあり、満点の構成であった。
委 員 選挙が終わって2ヶ月が経った今でも、メインキャスターの梅田さんからは歴史が変わる
高揚感が伝わってきた。各地点の選挙事務所の温度差が明瞭に伝わり、リポーターの息づ
かいにも臨場感があった。ラジオは、言葉で多くの情報を多元的に伝えているので、投票
者の声、事務所の様子などリアリティにあふれていた。
委 員 選挙報道は、各テレビも特別番組を実施しているので、視覚で説明ができないラジオは、
どのように結果を伝えていくのだろうかと思って視聴した。自民党の会見担当者の変更や
中山太郎事務所のドタバタした様子などテレビでは伝えられることがない現場の様子は、
ラジオならではで良かった。
自民党、民主党の話題は、テレビを始め他の番組でもあったのでOBC放送エリア内の期
待されている政治家や注目選挙区にもう少し力点を置いてもよかったのではないか。
解説の安本さんは、落ち着きがあり、分かりやすく、内容も良かった。しかし、公明党の
今後の役割などについてもう少し掘り下げてほしかった。また、ぶら下がり会見について
何度も肯定的な発言があったが、もう少し慎重な発言がほしかった。
エンディングは、安本さんのコメントはまとまっていたが、梅田さんのコメントには中途
半端さを感じた。
10代のラジオ聴取者が増えていると聞いている。番組としては良く出来ていた。今後も若
いリスナーも含め、ラジオ復権に向けた番組制作を期待する。
社 側 ラジオでは完璧な台本を作ることは少ない。今回は、かなり詳細な台本を準備したが、予
想以上の選挙結果であったので、番組の流れは台本通りに進行したが、内容に関しては急
遽変更した箇所があり、ご指摘いただいたような結果になってしまった。
委 員 開票の緊迫感があり、さまざまな現場から中継もあり歴史の流れを改めて感じさせられた。
ただ、当確情報の音が流れるタイミングが気になった。テレビではテロップで当確情報が
流れ、番組のタイミングを見計らい内容の切り替えがあったが、この番組では、安本さん
が解説されている途中に当選速報が入り、何度も中断された。安本さんが中断前の内容を
繰り返す形になり聞きづらかった。
テレビでは聴くことが出来ない臨場感があるリポートはもっと聞いてみたいと思うので、
番組がもう少し長くてもよかったのではないか。
社 側 当確情報のタイミングは、一番の反省点であった。放送を行っているスタジオと速報を出
すスタジオとが直接コンタクトが取れなかったので、このようなことになった。今後は注
意したい。
委 員 安本さんが、候補者の固有名詞をきちんと把握し、下調べをきちんとなされている様子が
番組全体に表れていた。各紙新聞をしっかりフォローし、頭の中で整理し、解説を行って
いるスタイルで、リスナーに満足感を与えることができることに驚いた。
今回のような歴史的な選挙の場合は、現場リポートが面白かった。民主党開票センターで
バラを着けるタイミングが中継できるなどラジオならではの中継ができていたと思う。
委 員 ニュースがショー化され、政治が分かりやすくなった反面、司会者の言動が正論になると
いう誤解を生み、怖さもある。スタジオの華やかな飾り、司会者の表情などがあるテレビ
と違って、ラジオの場合は、余計なものを見なくてすむし、その声から嘘を見抜くことも
できる。
自公か民主か、歴史の1頁がひらかれるのではという番組冒頭のふりや、安本さんの民主
党が300議席を越すのではという感想は、選挙時の緊迫した状況が刻々と伝わってきた。
梅田さんのトーンは、緊迫をやわらかく溶かせることができ適役だと思った。
ベテランの松本、原田アナウンサー、吉村記者らに加えて和田アナウンサーのリポートも
聴きやすかった。開票のチャイムもいいタイミングで入っていた。安本さんの解説は、丁
寧で、刻々と移りゆく開票結果を的確に分析しリスナーのためになっていた。鳩山さんの
声もタイムリーに入っていた。街の声やメール、FAXなども行き届いた作りであった。
タレント梅田淳ではなく、元アナウンサー梅田淳と報道の良識である安本さんの起用で成
功したと思う。
委 員 選挙から50日以上経た今聴いても、出演者のトークに的外れなところがほとんどない印
象を受けた。安本さんが、産経新聞の記者らしく保守派の立場をとりつつも、民意を汲み、
目配りの効いた、ソフトな解説だと思った。
委 員 選挙当日は、テレビで結果を見ていた。事前試聴用CDを聴いて、テレビとラジオの違い
を感じた。声だけで歴史的瞬間の状況を伝えるということに新しさを感じた。テレビでは、
バンザイなどの視覚的な要素がふんだんに織り込まれ、街の声の印象よりも、スタジオな
どの絵になる部分だけが印象に残る。また、開票速報は、常時表示されている。しかし、
ラジオでは、声だけで伝え、声だけであの歴史的な選挙を残すことができるメディアであ
るので、テレビとはまったく印象が違う選挙特番であった。今後は、あの総選挙は何だっ
たのかというテーマで新しい番組を作ることが出来るのではないか。
安本さんが一番印象に残った。声も良いし、語り口調も良く、コメントもまとまっていた。
ラジオは、心地よさがないと聴きづらい。コメントも的確にまとまっておりわかりやすく、
安心して聴ける解説であった。この番組には適任であった。
委 員 他の選挙でもこのような特別番組を実施しているのか?
社 側 府知事選挙、市長選挙などでも放送を行っている。最近の選挙特番は、安本さんに解説を
依頼している。普段の「NEWS TONIGHT いいおとな」のニュース解説も聞き
やすく、分かりやすいと好評である。
委 員 中継場所などはどのように決定したのか?
社 側 今回の選挙で一番大きなポイントは、政権交代であろうと考え、自民党本部と民主党本部
の拠点を中心に置き、各3回ずつ中継を行った。選挙区にも注目すべきだとは思うが、短
い放送時間内で、たくさんの情報を伝えようとすると焦点がぼやけてしまうので、今回は
このような構成にした。各リポート共に、臨場感を伝えることができるものであったので
結果的に良かったと思う。
貴重なご意見ありがとうございました。

7.審議会の答申又は改善意見に対してとった措置および年月日

 な し

8.審議会の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表内容・方法及び
  年月日

・ 「番組審議会だより」 (第521回大阪放送番組審議会議事録の要約)
・ 「もっと知りたい!OBC」内で放送
   放送日 平成21年11月24日(火)午後5時45分〜午後6時00分

・ 「番組審議会だより」 (第521回大阪放送番組審議会議事録)
  ラジオ大阪ホームページ(http://www.obc1314.co.jp)に掲載

番組審議会の議事録の原本は事務局立ち会いのもと閲覧に応じる。

9.その他の参考事項

 な  し

                                          以    上