会社概要会社地図大阪放送放送基準大阪放送番組審議会
サイトの利用にあたりOBC放送エリアラジオ大阪の歴史プレスリリース国民保護業務計画

[第513回 大阪放送番組審議会議事録]


1.開催日時   平成21年1月27日(火)午後1時30分〜午後3時00分

2.開催場所   ホテル大阪ベイタワー5階(松の間)

3.委員の出欠

  委員の総数  6名
 
  出席委員数  6名
 
  出席委員の氏名 井上 宏 岡本直之
成瀬國晴 たつみ都志
河内厚郎 松原英夫
岡田邦夫 ( 書 面 参 加 )
井上チイ子 ( 書 面 参 加 )
  放送事業者側
  出席者の氏名
佐藤賢三  高橋信博
角野達雄  横井宏司
 

4.議     題

 1)番組審議  『フルーツステーション 耳より情報』
 2)その他

5.議事の概要

 議題1)について
 『フルーツステーション 耳より情報』について企画意図と内容を説明し、その後聴取いただいて審議に入った。

6.審 議 内 容
 
         
社  側 この番組は、毎週月〜金曜日に「ラジオよしもと むっちゃ元気スーパー」内で放送している3分間のコーナー番組だ。旬の果物のおいしさとその優れた栄養・効能、高品質で安全な果樹の優位性を、レポーターや医師、むっちゃ元気スーパーの出演者が毎日日替わりの内容でリスナーに伝えている。
委  員 バラエティに富んだ内容で聞いていて楽しい。また、爽やかさもあり聞きやすい。
委  員 果物を取り上げるという斬新なアイデアだ。他にはあまり聞いたことがない。
レポーターによる現場の声を入れ、臨場感もある。日替わりのコーナーということで、
毎日飽きずに聞くことができる。
ただ、コーナー自体が短くテンポ良く進行するので、ポイントを聞き逃してしまうことがある。
最後に肝心な点はリピートするなどのフォローも考えてはどうか。
委  員 楽しく聞くことができた。
また、果物のうんちくも参考になった。短いコーナーなので、ながら聴取をしているとポイントを聞き逃してしまう。やはり、大事な情報は最後に繰り返して放送してほしい。
委  員 普段、果物をあまり食べないが、この番組は楽しめた。レポーターがとても上手い。ポイントはちゃんとリピートしているし、訪問先のお店の描写も、いきいきとレポートしている。目の前にお店の様子が浮かんでくるようだ。
医師が出演する曜日は、原稿を読んでいるだけの印象だ。原稿を読むとわかることでも、耳で聞いているとわかりにくい内容のものがあった。
委  員 聞きやすく、良い印象の番組だ。
聞いていて果物が好きになった。レポーターはうまく現場の様子を伝えている。ただ、吉本の芸人さんの絡みはもう少し工夫が必要ではないか。
ラジオの新しい方向性として、こんな番組も良いのではないかと考えさせられた。
この番組の時間に、ダイアルを合わせても良いと思う。
委  員 果物を取り上げる点がとても新鮮だ。
全体的にテンポが良いので、医師が原稿を読んでいる箇所が余計に気になった。
うまく演出すればさらに聞きやすくなると思う。
委  員 たいへん明るく健康的な番組で、気持ちよく聞くことができた。
短時間の番組の割に、毎日変化がありポイントが要領よくまとまられている。
医師のお話も、専門的で適切にアドバイスされている。
委  員 健康志向の時代に合った番組だ。
一般的に、果物の中でも好き嫌いがある。その点、果物のいろいろな調理法を紹介する日の放送は参考になった。創意工夫によって果物のもっている豊富な栄養素をおいしく享受できそうだ。
委  員 幼稚園でのインタビューは子供の声が可愛らしくて良い。
社  側 食育という観点から幼稚園をテーマに入れることにしている。
委  員 果物について、まだまだ知らないことがたくさんあるということを認識させられた。
果物以外のテーマでも番組が成り立つのではないか。
委  員 文学や日本酒など、果物以外のテーマでもこのような番組があれば聞いてみたい。
社  側 貴重なご意見ありがとうございました。

7.審議会の答申又は改善意見に対してとった措置および年月日

 な し

8.審議会の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表内容・方法及び
  年月日

「番組審議会だより」 (第513回大阪放送番組審議会議事録の要約)
「もっと知りたい!OBC」内で放送
放送日 平成21年2月18日(水)午後5時45分〜午後6時00分

「番組審議会だより」 (第513回大阪放送番組審議会議事録)
ラジオ大阪ホームページ(http://www.obc1314.co.jp)に掲載

番組審議会の議事録の原本は事務局立ち会いのもと閲覧に応じる。

9.その他の参考事項

 な  し

                                          以    上