DIY(作る)を楽しむトコ(場所)もコロナで「困ってまんねん!」

 

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言による自粛ムードの中、多くの企業・店舗が経営の危機にさらされていることは日々各メディアで報じられるとおりです。
ラジオ大阪では、苦しさや希望を共有することで新しい力が生まれることを願い、企業やお店の生の声や工夫・努力を多くの方に届ける「困ってまんねん」というコーナーを開始。

 

 

第3回目の5月13日(水)は、Hit&Hit!の水曜パーソナリティ 中西則善さんと大森くみこさんが聞き手となり、3月15日に大阪市東淀川区オープンした、“つくるを楽しむ”DIYスペース“トコクラフトファクトリー”の「困ってまんねん」を株式会社津田工務店 津田直樹さんにお電話で伺いました。

 

今回お話を伺う津田さんは、なんと中西さんの後輩とか。さらに、前々回「困ってまんねん」でご紹介した“ねこ浴場・ねこ旅籠”さんともつながりがあるとのこと。不思議なご縁を感じるこのコーナーです。

 

 

コンセプトは「作るを楽しむ場所」

 

中西さん
「さて、このトコクラフトファクトリーというお店、どういうお店なのか、教えてもらえますか。」

 

津田さん
「作るを楽しむトコ(場所)」というコンセプトでやってます。DIY を楽しんでもらえる場所ということです。DIYをやりたくても、道具が揃えられない、マンションだから音も出せない、掃除も大変…。そういう、作りたいけど作れないっていう声があって、それで、作れる場所を作ったらどうだろうと思いまして。『作りたい』を叶えるという場所です。」

 

中西さん
「つまりそのお店でDIY体験ができるということですね。家では作りたいけど、道具も満足に揃っていないし、場所もなくてなかなかできないけれども、ここに行ったら作れるよー、というお店ですね。」

 

津田さん
「そうです。それに、作り方がわからない人も結構いらっしゃいます。道具の使い方がわからないとか、少し慣れてる人でも細かいところはやっぱり分からない…とか。このお店では、作り方や道具の使い方をお教えするワークショップを開いて、この講習を受けるとこの道具を使えるようになります、というのを受けていただいています。」

 

中西さん
「道具というのはなかなか使えないものなんですか?」

 

津田さん
「やっぱり電動工具であったり、中には刃物もあるので、ちゃんとした使い方をしないと危ないんです。きっちり使えば危なくないものでも、使ってるところを見たことがあるというくらいの方が使うと、落としたり、大けがにつながったりしてしまいます。大工さんでもけがをするくらいですので。ですから、電動工具は講習を受けてから使ってもらいます。」

 

 

 

続きはradiko newsでお読みください!
5月20日(水)まで、放送もお聴きいただけます!

▼  ▼  ▼

DIY(作る)を楽しむトコ(場所)もコロナで「困ってまんねん!」『Hit&Hit!』

保護猫もコロナで「困ってまんねん」! 『ねこ浴場・ねこ旅籠』にインタビュー

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言に伴い、STAY HOME(自宅で過ごすこと)や不要不急の外出を控えることが求められる中、多くの企業・店舗が経営の危機にさらされていることは日々各メディアで報じられるとおりですが、個々の実態や実情はなかなか知られにくいものです。

 

ラジオ大阪では、主に地元企業や地元のお店の生の声やこの状況の中での工夫・努力を多くの方に届け、苦しさや希望を共有することで、新しい力が生まれることを願い、「困ってまんねん」というコーナーを開始しました。

 

 

第1回目の4月29日(水・祝)は、Hit&Hit!の水曜パーソナリティ 中西則善さんと大森くみこさんが聞き手となり、大阪府大阪市中央区で『ねこ 浴場・ねこ旅籠』を経営する、株式会社ネコリパブリック 代表取締役 河瀬麻花さんにお電話でお話を伺いました。

大森
「猫カフェというたらよう聞きますけれどもね、私、ねこ 浴場・ねこ 旅籠というのは、初めて聞きました…」

 

河瀬
「当店は、いわゆる保護猫カフェです。暮らしている猫は、全て元野良猫や捨て猫・行き場を失った猫で、ずっとの居場所、人間の家族を探しています。ねこ浴場は、大衆銭湯がコンセプトの店内で、浴びるように猫まみれになりながら、癒やされたり、猫を眺めて幸せな気分になっていただくために作ったお店です。

 

 

中西
「猫と一緒にお風呂に入るわけじゃなくて、湯水のように猫を浴びてくださいということなんですね。」

 

河瀬
「そうです。日光浴や森林浴というような感じで、ねこ浴をしてください、ということなんです。ねこ浴場では、猫と同じスペースに入っていただいて、撫でたり抱っこしたり、おもちゃで遊んだり、おやつをあげたりといったふれあいができます。」
「ねこ旅籠は、そこに隣接するベッドスペースで、猫たちを眺めて過ごし、さらに宿泊することができる宿泊施設です。ベッドスペースの壁がガラス張りになっていまして、その向こうがねこ浴場になっています。一緒に寝ることはできないんですが、眺めながら眠ることができるので、猫アレルギーの方でも癒されながら過ごしていただくことができます。」
「(当店は)保護猫たちの家族との出会いの場でもありますが、猫を飼う予定がない人も、ただそこで楽しむことで、ねこ浴場の時間単位のご利用料金やねこ旅籠の宿泊料金が行き場のない猫たちを助ける資金になります。」

 

中西
「なるほど、行き場を失った猫ちゃんたちを預かって、そういう活動をされているんですね。ねこちゃん好きはもちろん、心を癒されたいという人には、ピッタリの場所ですね。」
「でも…、やはり今回のコロナの影響は、いろんな形ででているんじゃないですか。」

 

河瀬
「そうなんです。これまで、ビジネスとして保護猫活動が継続できる仕組みを作り上げようと、必死で 6 年間突っ走ってきて、いろいろな山も谷もありましたが、正直、今が一番苦境に立たされています。
まず、営業自粛をしなければならないので、お客様に来ていただくことができなくなったので、主な収入がゼロになりました。同時に、お客様がお越しにならなくても、お店の家賃や光熱費がかかることはもちろん、猫たちは日々変わらず生活をしていますので、ごはんやトイレなどふだんと変わらずお金がかかります。また、猫のお世話や管理は人間にしかできませんので、どうしても削減できない人件費、そして猫たちの医療費もかかります。営業している時と同じ経費がかかっていますので、この状況がいつまで続くのかと、危機を感じています。」

 

中西
「猫ちゃん、生き物ですからね。それはきついですなぁ。」

 

大森
「猫ちゃんたちはどうしてますか?」

 



 

….続きは、こちらで!

 

▼  ▼  ▼

 

2020年5月6日(水)まで聞ける、radikoのタイムフリー
http://radiko.jp/#!/ts/OBC/20200429152915

 

インタビュー全文は、radikonewsで
https://news.radiko.jp/preview/f/41656/?sig=7%2BA0Mr2JBsNnyWKjvHerUFc1m%2FBJHbTc6PdfOEJUiZ8%3D&p=1588672935