兵庫県佐用町名物「ホルモン焼うどん」のお店もコロナで「困ってまんねん!」

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言による自粛ムードの中、多くの企業・店舗が経営の危機にさらされていることは日々各メディアで報じられるとおりです。

 

ラジオ大阪では、苦しさや希望を共有することで新しい力が生まれることを願い、企業やお店の生の声や工夫・努力を多くの方に届ける「困ってまんねん」というコーナーを開始。

 

(写真は「てん」のブログからお借りしました)

 

第4回目の5月19日(火)は、Hit&Hit!の火曜パーソナリティ やのぱんさんと清水綾音さんが聞き手となり、大阪市北区堂山町「ホルモン焼うどんテン」の女将 三枝雄子さんにお話を聞きました。

 

女将の三枝さんは、なんと女優の顔を持ち、やのぱんさんにとっては同じ事務所に所属していたこともある先輩だとか。

 

そんな女将も「うちの困ってまんねん聞いてよー!」とほとほとお困りの様子です。

 

 

(写真は「てん」のブログからお借りしました)

 

 

播州佐用名物 つけ麺ホルモン焼うどん

 

「テン」で食べることができるホルモン焼うどんは「兵庫県佐用町に戦後70年受け継がれる伝統の味」。

 

佐用町出身の女将が「地元佐用を感じながらホルモン焼うどんを1人でも多くの皆様に美味しく味わって頂きたい」と始めたお店は、開店して14年を迎えるそうです。

 

営業自粛以降は、要請にしたがって夜8時までに営業を短縮し、8時以降は以前から行っていたテイクアウトでの提供を続けられていたということですが、坊主(全く売り上げが無い日)が3日はあったといいます。

 

女優のたまごたちをアルバイトとして雇われているということですが、売り上げがなければバイト料を払うこともできないと苦しい状況を話しました。

 

 

 

 

続きは、radikonewsでお読みください。

▼  ▼

兵庫県佐用町名物「ホルモン焼うどん」のお店もコロナで「困ってまんねん!」『Hit&Hit!』

 

5月26日(火)まで、タイムフリーで放送もお聴き頂けます。