DIY(作る)を楽しむトコ(場所)もコロナで「困ってまんねん!」

 

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言による自粛ムードの中、多くの企業・店舗が経営の危機にさらされていることは日々各メディアで報じられるとおりです。
ラジオ大阪では、苦しさや希望を共有することで新しい力が生まれることを願い、企業やお店の生の声や工夫・努力を多くの方に届ける「困ってまんねん」というコーナーを開始。

 

 

第3回目の5月13日(水)は、Hit&Hit!の水曜パーソナリティ 中西則善さんと大森くみこさんが聞き手となり、3月15日に大阪市東淀川区オープンした、“つくるを楽しむ”DIYスペース“トコクラフトファクトリー”の「困ってまんねん」を株式会社津田工務店 津田直樹さんにお電話で伺いました。

 

今回お話を伺う津田さんは、なんと中西さんの後輩とか。さらに、前々回「困ってまんねん」でご紹介した“ねこ浴場・ねこ旅籠”さんともつながりがあるとのこと。不思議なご縁を感じるこのコーナーです。

 

 

コンセプトは「作るを楽しむ場所」

 

中西さん
「さて、このトコクラフトファクトリーというお店、どういうお店なのか、教えてもらえますか。」

 

津田さん
「作るを楽しむトコ(場所)」というコンセプトでやってます。DIY を楽しんでもらえる場所ということです。DIYをやりたくても、道具が揃えられない、マンションだから音も出せない、掃除も大変…。そういう、作りたいけど作れないっていう声があって、それで、作れる場所を作ったらどうだろうと思いまして。『作りたい』を叶えるという場所です。」

 

中西さん
「つまりそのお店でDIY体験ができるということですね。家では作りたいけど、道具も満足に揃っていないし、場所もなくてなかなかできないけれども、ここに行ったら作れるよー、というお店ですね。」

 

津田さん
「そうです。それに、作り方がわからない人も結構いらっしゃいます。道具の使い方がわからないとか、少し慣れてる人でも細かいところはやっぱり分からない…とか。このお店では、作り方や道具の使い方をお教えするワークショップを開いて、この講習を受けるとこの道具を使えるようになります、というのを受けていただいています。」

 

中西さん
「道具というのはなかなか使えないものなんですか?」

 

津田さん
「やっぱり電動工具であったり、中には刃物もあるので、ちゃんとした使い方をしないと危ないんです。きっちり使えば危なくないものでも、使ってるところを見たことがあるというくらいの方が使うと、落としたり、大けがにつながったりしてしまいます。大工さんでもけがをするくらいですので。ですから、電動工具は講習を受けてから使ってもらいます。」

 

 

 

続きはradiko newsでお読みください!
5月20日(水)まで、放送もお聴きいただけます!

▼  ▼  ▼

DIY(作る)を楽しむトコ(場所)もコロナで「困ってまんねん!」『Hit&Hit!』